サイズがある

あまり知られていませんが、実は認印にはサイズがあり、正式な印鑑の直径というのは男性と女性とで異なります。一般的に、印鑑の適正な直径は男性の場合で12mm又は13.5mm、女性の場合は10.5mm又は12.0mmと言われております。

しかしながら現在では安価な認印の場合、多くの方が量販店で既製品を購入されることが多いかと思います。そのため量販店で売られている印鑑は、その大半が男性でも女性でもサイズ感に違和感のなく使用できる12mm~13.5mmサイズのものとなっておりますので、専門店などで購入したものでなければ、皆さんのうちにおいてある印鑑もおそらくはこのくらいのサイズではないかと思います。

またまた余談となってしまいますが、上述では適正な印鑑の直径は最大でも13.5mmと記述しましたが、実印となるとこれは変わり15mmや16.5mm、大きいものだと24mmといったとんでもなく大きいものまであります。また実印などであれば、印材の高さにもこだわっている場合があり、主流の60mm(二寸丈)のものや45mmのものなどがあります。しかし安価で大量生産の認印についてはほとんどの場合で印材の長さは統一されており、大体の場合はどこで購入しても大きさにそれほど違いはありません。