印鑑の中でもよく使う認印はどんなもの?

認印という言葉を聞いたときに、印鑑の類ではあるのだろうけれども、いったいそれは何を指しているのだろうかと思った方もいるのではないでしょうか。実は、認印というのはみなさんが日ごろ最も良く使っている印鑑で、おそらくほとんどの方が持っているものだと思います。もう少し具体的に言うと、実印を押すほどは正式ではない書類や役所で書類を申請するときなどに使用する印鑑であり、また銀行などで口座開設をする際にも使用できます。

みなさんご存知のように認印には大きく分けると2種類があり、一つはスタンプ状のインクが染みこんでいるタイプの印鑑です。こちらはシャチハタ印とよばれ、多くの方が耳にしたことのある名前かと思います。ちなみに余談ですが、このタイプの印鑑がシャチハタと呼ばれている理由は、昔、シヤチハタ株式会社というインキ浸透印の開発に成功し、これを広く普及させたことに由来しているようです。

そして認印ももう一つのタイプには三文判と呼ばれるものがあります。こちらは簡易な手続きをする際に最も用いられるタイプの印鑑で、朱肉でインクを付ける大量生産で安価の印鑑のことをさします。認印自体がそれほど正式な書類や手続きには用いられませんので、実印ほど使用に制限があるわけではありませんが、場合によってはシャチハタ印を使用できない書類もありますので、もし家に印鑑がないなら三文判だけでも用意しておくのが無難化と思われます。一人暮らしの学生などであれば、実印がなくても認印だけでも持っておけば、何らかの手続きがあったとしても、それほど困ることはないです。